閉経前後の女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)に見られることが多い更年期(日本産科婦人科学会の定義によると、閉経の前後五年間をいいます)障害ですが、ちかごろではさまざまなサプリメントが販売されています。更年期障害は閉経を機に女性ホルモン(月経周期によって、分泌量が変化します。基礎体温を測ることで、その周期を知ることができるでしょう)が急激に減少することが原因で、さまざまな体調不良や自律神経系の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)を引き起してしまうみたいですよ。女性ホルモン(閉経後には分泌量が減り、更年期障害が起こることも多いです)投与療法では副作用(時にはその効果に見合わないこともあるでしょう)が出てしまう人もいるため、あまり積極的におこなわれていないなんです。しかし、最近では、「女性ホルモンと同じような働きをする成分」が注目を集めましたよね。それが大豆イソフラボン(摂り過ぎると良くないという説もあります)です。また、更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害は老化によって引き起こされるとも言われていて、アンチエイジング効果や抗酸化作用のある物質も更年期障害を軽減させるとして注目を集めています。特に、胎児(母体からの影響を大きく受けるといわれています)の胎盤から抽出されるプラセンタ(不老長寿の薬だと考えられていたこともあったのだとか)は、更年期障害だけでなく様々な医療や美容にいい効果が立証されており、さまざまな分野で利用されるようになりました。胎盤から抽出されるプラセンタ(サプリメント、ドリンク、化粧品、ゼリー、育毛剤、医薬品と色々な商品が開発されています)には細胞分裂を活発にする働きがあるため、アンチエイジング(日本語でいうと、抗加齢、もしくは、抗老化のことで、主に美容業界で使われている言葉です)効果が特に期待されています。その他にも、抗酸化作用のあるビタミンEを始めとした各種ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)やミネラル(食事で摂るのが理想ですが、サプリメントを利用するのもいいでしょう)の摂取も心がけたいだといえますね。マルチビタミン剤やコエンザイムQ10などにも、抗酸化作用やアンチエイジング(老化の予防、抑制のことをいいます)効果があると言われており、更年期障害に悩むたくさんの方が利用しているのです。特にビタミンCは色々な美容効果があることも知られており、更年期のストレス緩和にも役立つと呼ねれていますー